お知らせ

立冬 トレッキングヨガ&シンキングボウル演奏会

投稿日:

立冬とは、1年を24節気に分けた19番目にあたる季節のこと。

暦の上では冬の始まりとなります。

今年は、12月22日の冬至で明治時代から続いてきた「土」の時代から「風」の時代に変わるといわれています。

その大事な変化に向けて、11月は今までの断捨離・浄化に大変適した時期になります。

  • 11月7日 立冬
  • 11月8日 下弦の月
  • 11月15日 新月

下弦の月で様々なものを手放し、新月で新たな時代に向けて願う、そのための準備として、山歩きとシンキングボウルは効果的です。

山登りの浄化効果について

日本では古来、自然神を信仰していました。

富士山のように山そのものに神が宿る「御神体」という思想は、仏教伝来以降に始まったとされており、平安時代に盛んになったと言われています。

登山は、岩や木や風を感じ、危険を察知するためにも五感をフルに活用します。

自分の息遣いを感じながら歩き進める山登りは、自然の中で生かされていることに気づき、身体全体から浄化されます。

シンキングボウルの浄化効果について

シンキングボウルとは

  • 「シンギング」:歌う、音を出す
  • 「ボウル」:器

という意味があります。

音とは、圧力の変化が空気・水・物質を通じて耳・皮膚・体全体に伝わり近くされる現象のことです。

シンキングボウルは、音が複雑で響きが深く長いのが特徴で、「1/f ゆらぎ」と言われる倍音を出すことができます。

人間の体内は、6~7割が「水分」でできているといわれています。

倍音が響くことにより、体内の水分の流れがよくなり浄化・ヒーリング効果が高いといわれています。

トレッキングヨガ・シンキングボウル演奏会を開催します

0地場と言われる、西湖の「くわるびの森」。

原生林の姿を残すこの森は、エネルギーの高いパワースポットです。

そんな「くわるびの森」で、トレッキング・ヨガ・シンキングボウル演奏会を行います。

トレッキングは、この森を熟知する専門スタッフが同行。

パワースポットの堰堤付近では、山の天然水が地表に吸収されるポイントがあり、運が良いと「オオサンショウウオ」を目撃することができます。

また、富士山を一望できるポイントで、手放しのヨガ瞑想を行いながら、シンキングボウル奏者・ルミさんによる演奏会。

最後は参加者の皆様で、シンキングボウルを奏でながらエネルギーワークを行います。

秋の紅葉が深まる西湖で、素晴らしい浄化のワークをご体感ください。

【日程】11月7日(土)13:00~15:30

【場所】西湖くわるびの森

【参加費】¥4000

【持ち物・服装について】

  • トレッキングシューズ/スニーカー
  • 動きやすい服装
  • 水分
  • 持っている方はシンキングボウル
  • 持っている方は登山用ストック

【スケジュール】

  • ガイドによるトレッキング 30~40分
  • ヨガ瞑想        40分
  • シンキングボウルワーク 30分
  • 下山          30分

【キャンセルポリシー】

2日前30%、前日50%、当日100%

※集合場所に関しては、ご予約の方に直接ご連絡いたします。お気軽にお問い合わせください。