2020年6月21日は皆既月食です。

残念ながら日本では、肉眼で確認することはあまりできないようですが、それでも貴重な機会です。

そんな皆既月食と私たちとの関係についてお話していきます。

皆既日食について

まずは、皆既日食って何?というお話から。

皆既日食とは、地球と太陽の間に月が入り込んでくる現象で、太陽と月と地球が一直線に並ぶ現象のことを言います。

地球上の観る場所によりますが、完全に太陽が隠されてしまうものを皆既日食、リング状に太陽の光が残るものを金環日食、太陽の一部だけが隠れる瞬間を部分日食と言います。

太陽はとても大きく、地球からかなり遠くにある惑星です。月は比較的に地球より近い位置を公転しており、小さい惑星ですが、たまたまこの公転のタイミングが一致し、地球からの見かけの大きさがほぼ同じになる偶然のタイミングから、皆既月食や金環月食は起こります。

2020年の日食は6月21日

今回の日食は、観測地点にもよりますが、2020年6月21日(日)の午後、太陽が西の空に低くなり始める頃に起こります。

皆既日食は、観る場所によって時刻の大きく変わってきますが、西に行くほど早く大きく欠け始めます。日本で最も大きく欠けるのは、南西諸島の与那国島で、最も小さいのは北海道の稚内です。

こちらから、大まかな日本での日食の移り変わりを確認できます。

https://www.stargaze.co.jp/200621/total.gif

具体的な時間についてはこちら

海海外では、アフリカ東部からアラビア半島、パキスタン、インド北部、中国、台湾あたりで金環日食が確認できます。

肉眼で見るのは危険!

通常、太陽を凝視することは無いでしょう。「まぶしい!」という回避行動が本能的に働くからです。

しかし、皆既日食を観たさのあまり、太陽を見続けると、網膜の一部が変性したり視力を低下させる原因に。悪化する場合は、失明の危険性もありますので、充分に注意してください。

また、携帯やカメラなどを使った場合は安全です。しかし目の負担を考慮して3分以上の凝視には注意しましょう。こまめに目を休ませてください。

皆既日食が生き物に与える影響とは

皆既日食は、動物や自然にさまざまな影響をもたらすという調査結果が出ています。

動物は基本的に興奮状態になることが多いとのこと。では、人体にはどんな影響があるのでしょうか。

満月・夏至と重なる今回の日食

日食や月食はちょうど満月や新月のタイミングで起こります。

今回は満月、しかも一年で最も昼の時間が長くなる夏至と重なります。

満月の詳細については以下をご覧ください。

夏至について

簡単に夏至についても触れておきます。

夏至は二十四節期の十番目。北半球では一年のうちで昼の時間が最も長くなる日。

世界各地では様々な風習があるとされており、イギリスではストーンヘンジの夏至祭り、ポーランドでは「イワン・クパラの日」と言われ、特に男女に関するお祭りが多いとされています。男性神・女性神の出会いを祝う意味があるとされており、夏至の日から9カ月後に生まれる子供が多いともいわれいます。

日本では、農作業が最も忙しい時期であるため、全国的な風習はないようですが、地域ごとに豊作を祈願するお祭りがおこなわれていいます。

夏至・皆既日食で気をつけること

月が最も地球に近い満月のタイミングと、一年で最も太陽が長く居続ける夏至は、陰と陽のパワーが最大限に働く日。

陰と陽のバランスは、人体に対しては交感神経と副交感神経に値します。普段とは大きくバランスが崩れる日といっても過言ではありません。敏感な方は頭痛や体調不良に十分に注意しましょう。

皆既日食時にオススメの過ごし方

・食の始まりから終わりまでは外出を避け、飲食も控える

・身体を動かす活動を極力控える

・食のおわったあとにシャワーを浴びる

・ゆったりと過ごす

自然界の力を活かしヨガでパワーアップ

月と太陽のチカラが強いこの日は、是非自然の力を私たちに取り入れていきたいものです。

とはいえ、オーバーパワーになりすぎないよう注意は必要です。日食の前後で行いましょう。

夏至・皆既日食の日にオススメするヨガ練習をご紹介します!

ゆったり気分を心身を落ち着けるフローヨガ

強い自然界のエネルギーにより交感神経が優位になりやすい日。身体の軽さや柔軟性を感じやすい日なので、股関節を開くゆったりとしたフローヨガはお勧めです。夜の眠りを促進してくれます。

内面の探求へ!マインドフルネスヨガ

顕在意識が活発に働きやすい日は、外側への意識が向きやすくなります。全身の血液循環も活発になっていますので、身体を使いながら意識をゆっくりと内側へと向けてみましょう。

全身へまんべんなくエネルギーを巡らせる呼吸

意識や血が頭に登りやすい日。また、季節の変わり目の倦怠感や身体のダルさへの解消にはなんといっても呼吸を整えること。全身へ巡る呼吸は身体を活性化し、意識をクリアにしてくれます。

ハートを開くマントラを聞こう

神や自分自分自身への最大の敬意を込めて歌われているマントラは、癒しの効果抜群です。できれば呼吸法や瞑想で一度マインドをクリアにした後に聴くと、より効果的。胸がじんわり温まってくるのを感じてみて!グラミー賞にもノミネートされたクリシュナ・ダスの歌声。

まとめ

いかがでしたか?

今年の夏至は、いつもよりもパワーが強そうですね!

体調にはくれぐれも注意いただきながら、この日のパワーを最大限生かしてみて下さい!

二パヨガでは、素敵なイベントを開催予定です。

残席残りわずかとなっておりますので、ご興味ある方はお待ちしております。


ASAKO

山梨の富士五湖地区でヨガクラスを開催。 豊かな自然の恩恵を活かし、夏は河口湖でマインドフルネスな外ヨガクラスを開催。地元宿泊施設と提携して、ヨガクラスの開催も行なっています。 ■全米ヨガアライアンスE-RYT200認定 ■レスリーハワード ペルヴィックフロアヨガ認定講師 ■Roeリストラティブヨガ集中講座修了 ■inStyleシニアヨガ指導者講座修了 ■JAPA認定アーユルヴェーダアドバイザー修了 ◼️Yardヨガホイール養成講座修了 ブログ「NATURAL life」 http://crystalnatural.online